インテリアショップ 『カラフェ』のスタッフブログ
夏の必需品_ vol.2
こんにちは。
毎日暑いですね。
本日よりCarafeは営業しております。
ゆっくりとお休みを頂き、スタッフ一同元気いっぱいです。
皆様はどこか遊びに行かれましたか???

さて、今日は夏も終わりに近づいておりますが、
残り少ない夏を楽しむ為の必需品を少しご紹介致します。

まずは筒井時正玩具花火製造所の線香花火です。
先日TVでも紹介された様で、Carafeでも大人気です。
夏の風物詩でもある線香花火。
職人さんの手仕事から生まれる小さな芸術品です。
素朴で、はかなげな光を放つ日本独自の花火ですが、
今ではその99パーセントが中国産で、日本の業者はわずか3社を残すのみ。

その一軒が福岡県みやま市にある花火職人の筒井良太さんです。
江戸時代から伝わる製法にこだわった線香花火を作り続けています。

線香花火には、西のスボ手牡丹と東の長手牡丹の2種類があるのですが、
スボ手を作ることができるのは、日本ではもう、筒井さんしかいないそう。
Carafeでも西のスボ手牡丹は残りわずかとなりましたが、
若干在庫がございますので、ご興味のある方は是非!!

この線香花火作りは、指先を真っ黒にしながら手作業で一本、一本、
心をこめて作りあげる根気のいる仕事です。
高齢化とともにより手の数は減り、とうとう5人になってしまったそう。
夏休み中に私も西のスボ手牡丹で花火をしました。
点火と共にどんどん大きな火の玉になり、
パチッ、パチッ、と火花を散らし、
徐々に勢いを増して、
最後は静かに火花が一本、また一本、と落ちていきます。
西のスボ手牡丹は、わらを使用しているため、
点火と共にとても懐かしい良い香りがします。
美しい炎と懐かしい香りでかなり癒されました。
本当におすすすめです。

続いて和紙作家、森田千晶さんの扇子です。
こちらも残りわずかとなりました。
老若男女問わず、素敵にご使用頂けるデザインが嬉しいです。
暑い日々はまだまだ続きますので、まだ扇子をお持ちでない方は是非!!

続いては今年大人気の風鈴です。
和、過ぎず、シンプルなデザインのため、どんなインテリアにも合わせやすいです。
真鍮製の風鈴のため、ガラスとは一味違った音色。
落ち着きがあり、澄み切った音色が、気持ちを涼やかにしてくれます。

最後に虫除けキャンドル。
蚊取り線香の香りが苦手な方、
アウトドアで持ち運びたい方、におすすめです。
蚊と聞くと夏のイメージですが、中には11月ころまで飛び回る蚊もいるそうです。
まだまだ大活躍すること間違い無しです。
フレッシュシトロネラとレモン系のバンブーのかおりがトップノートに、
グリーンフローラルと甘いメロンの香りがミドルノートに、
そしてムスクの香りがベースとなった爽やかな香りです。
缶に入った持ち運び便利なキャンドルの為、
BBQや花火をするとき等にいかがですか?

今回ご紹介させて頂いた夏の必需品は、残りわずかのため早い者勝ちです。
夏も残りわずかですが、暑さに負けず、
夏を楽しんで頂く為のおすすめ商品たちばかりです。
是非見にいらして下さい。

Staff S.
Pick Up comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://carafestaff.com/trackback/138
<< NEW | TOP | OLD>>