インテリアショップ 『カラフェ』のスタッフブログ
Carafe お宅訪問Diary_5

Carafeのお客様のお宅に伺い、お客様のライフスタイルと共に
Carafeにてご購入頂いた商品をご紹介させて頂くCarafeお宅訪問Diary、、、

第5弾は、S様宅。
半年以上ぶりのこのコーナー。
8月に撮影させていただいていただいていたS様宅をご紹介させて頂きます。

この日は、ご出産をされて間もない奥様からお話を伺うことができました。

と〜っても広いリビングにはベビーベットがあります。

ベッドの背面には、Porter's PaintsのInterno Lime Wash / Drumbeatを

塗って頂いています。大人っぽいお部屋の中に違和感無く、

 さりげない感じでベビーコーナーを作られていました。
ペイントをする事で前に飾る物、周りにある物がより良く、映えますね。
”夫婦でケンカしながら塗りました。”と奥様。
それでも素敵に仕上がっていますね。
塗り手、塗る時の気候、環境で仕上がりが違うInterno Lime Washは、
空間に奥行感と味を加えてくれます。

そしてリビングに置いて頂いているソファは、イタリアVerzelloni社の

で〜っかいHampton !!
去年出たばかりのシリーズです。
エレガントで女性らしいHampton。
ワイドはなんと2m40cm以上!!

奥行きも1m強あります。
これだけの大きさでもすっきりと、そして重たくならないデザイン!!
さすがVerzelloniです。
大人4人は軽く座れます。
ソファをご検討頂いている際も”夫婦二人で端と端に座ったらかなり遠いね”、
と言われながらサイズをかなり悩まれていましたが、
このデザインにこのバランス感をとても気に入ってくださり、
置けるスペースがあるなら是非!!と言う事でご決定頂きました。

Verzelloni社のソファのほとんどがカバーリング。

カバーリングを本体部分、座、背クッション全て外して

クリーニングに出して頂いたり、

新しいカバーリングに変えたりする事ができます。

カバーリングとは思えない程の縫製の良さが、Carafeでも人気の理由です。

ソファに合わせて頂いているスローはSvajaのリネン。

とても上品です。
そしてCarafeでお選び頂いたファブリックでオリジナルの

クッションも作って頂きました。
”甘くなり過ぎない女性らしい空間を作りたい”、という奥様。
ラインはどちらかというと女性らしいHamptonですが、
ダークな色を加えたりする事でユニセックスなイメージに。。。

椅子としてもテーブルとしても使用できるラタンのスツール。
異素材がアクセントになります。

続いてはダイニング。
ダイニング側もPorter's PaintsのStone Paint Fine / Donkey Greyを

塗って頂いています。リビング側のInterno Lime Wash、

キッチンの扉の色や天板、ダイニングテーブル、

などなどその空間に来る物を全てお持ち頂き色を決めました。
色を決める際は、なるべく内装材やその他のインテリアアイテムの色がわかるよう、
サンプルをお持ちいただいたり、写真を見せて頂いたり、
どんな空間にしたいかイメージ写真をお持ち頂いたりすると

決めていきやすいいです。


ダイニングのシャンデリアは、奥様がアンティークショップで

見つけてこられたもの。少し甘めのシャンデリアが加わる事で

甘くなり過ぎないよう、ダイニングテーブルは、

ドシッとしたEthnicraft社のWalnut材の物を組み合わせました。
ダイニングチェアはもともとお使いだった物をCarafeで生地をお選びいただき、

張替えをされました。
リメイクしながら古い物を大切に長く使う。
本当に良い物はそんな風に長く使っていくことが出来ますよね。

キッチンツールなどが掛けられるオープンレールも

Carafeでご購入いただいたものです。
”よく使うものはなるべく取り出しやすいよう外に出しておきたいけど、

散らかってしまうはイヤ”、
そんな方には本当におすすめです。
また、無垢の床材を汚さないようHYMLAのコットンラグを敷いて頂いております。

お母様の影響もありお菓子作りをされる奥様にぴったりの

広い設備の整ったキッチンで、訪問させて頂いた際もヘルシーな

おからを使った焼き菓子を出して頂きました。

(食べる事に夢中で大事な写真撮り忘れ!!申し訳ございません。)

ガスコンロ周りにご採用頂いたのは、Carafeオリジナルタイル。
ハンドメイドのタイルならではの風合いが、

白っぽい色でもアクセントになります。


1FのWCには、Eggshell Acrylic / Poison Berryを塗って頂き、
アンティークショップでご購入されたというミラーを飾って頂いていました。
白いビニールクロスの壁面に飾るより絶対に映えると思いませんか?

洗面室にもCarafeアイテムが。。。
Ethnicraft社製のTeak Mirrorです。
無垢ならではの風合いと重厚感があります。
高窓からのさわやかな光の入り込みが美しいですね。

寝室にもPorter's Paints / Stone Paint Fine /薄色
を塗って頂いております。新しく出たJapanese Colorよりセレクト。


リトアニアの白いリネン生地との相性も抜群です。


寝室からつながるウォークインクローゼットにも

Eggshell Acrylic / Hydrangeaを。。。

毎日の身支度も楽しくなりそう!!

寝室からつながるSOHOにもEggshell Acrylic / 鈍色をセレクト。

(こちらもJapanese Colorより)
壁の向こうの壁の色が違うと奥行感が生まれますね。

Cameraが趣味のご主人様のお部屋の壁の色は、
ご主人様の意見も聞きながら決めていきました。
ダーク色のウッドブラインドと合わせてとてもダンディな空間になっています。

奥様のご希望である”甘くなり過ぎない空間”、

を元に全室がコーディネートされていました。
臨月の奥様とご主人様でこれだけたくさんの壁をセルフで塗って頂いたり、
妊娠中の奥様が頻繁にCarafeに来てくださり、
ご出産予定ギリギリまでお打ち合わせをさせて頂いたりしていたため、
無事にご出産をされた事を聞いた時は安心感や

嬉しさや色々で感慨深い気持ちになりました。

良い家作りにはお客様の頑張りが不可欠だなぁ、、、

と改めて感じる取材となりました。



おまけの一枚。

産まれて間もないお子様。
家具の打ち合わせをさせて頂いていた頃は、奥様のお腹の中にいたんですね。
今はCarafeにも一緒に遊びに来てくれる程に。。。
お客様のお子様の成長は、何だかほっこり嬉しい気持ちになります。

まだまだ体調の整わない段階でご協力頂いたS様、

本当にありがとうございました。



Staff S.

Interior comments(2) trackbacks(0)
Comment








管理者の承認待ちコメントです。
from. - | 2014/12/24 18:36 |
管理者の承認待ちコメントです。
from. - | 2015/07/08 19:07 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://carafestaff.com/trackback/151
<< NEW | TOP | OLD>>