インテリアショップ 『カラフェ』のスタッフブログ
Pilat & PilatのDining Table
こんにちは。
とても寒い日と暖かい日を繰り返しながら、
Carafeに届きつつある春夏のアパレル商品を眺めていると
春はもうすぐそこ、、と感じる今日この頃です。
いかがお過ごしでしょうか?
立春を迎えた2月4日にPilat & Pilatのダイニングテーブルをお届けしてきました。
オランダPilat & PilatのHindrik Langshoutシリーズ、
素材は燻したオーク無垢材/ナチュラルオイル仕上げ、
脚の太さはなんと□13.5 cm、
サイズは2000x945x740、
重さは150kgくらいあるのでは、、、
そんな大迫力のダイニングテーブルです。
それでいて、主張し過ぎず、見れば見る程、
そのデザインや木の美しさにみとれていくのがPilat & Pilat社の家具たち。
エレガントなダイニングチェアともすんなり溶け込んでしまうのが嬉しいですね。
ミルフィーユフェチの私にとってはたまらない、
ミルフィーユ状態のエッジが利いた天板が特徴のHindrik Langshout。
そしてなんと言ってもPilat & Pilat社製製品の木肌の触り心地は、
いつまでもずっと触っていたい程裏面まで全てがすべすべなのです。
今回初めて燻しのオーク、オイル仕上げをセレクトして頂きましたが、
少しグレーがかったブラウン系の色が渋く、大人の雰囲気を醸し出しています。
汚れが目立ちにくそうなので、気にされる方にはおすすめの素材です。
ご家族より先に私がこちらのダイニングでお茶を頂いてしまいました。
お話しながらずっと触れていたくなってしまうPilat&Pilatのダイニングテーブルは、
是非一度Carafeの店頭でも触れて頂きたいです。

また、品薄になっていたPilat & Pilatのトレーも多数入荷しております。
そう言えば最新のI'm home、
no.65, march 2013にこちらのトレーが紹介されたんですよ。
無垢材のため少し重さがありますが、とても安定感があり、
Carafeスタッフも全員愛用中の商品です。
是非一度こちらも見にいらして下さい。

Staff S.

Pick Up comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://carafestaff.com/trackback/161
<< NEW | TOP | OLD>>