インテリアショップ 『カラフェ』のスタッフブログ
久々に、、モデルルームOPENしました
GWも終わり、初年度、新学期など会社やお子様の学校生活も何となく落ち着き始めた頃かと
思いますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
CarafeでもGWに色々なイベントをして盛り上がり、今後も皆様に喜んで頂ける企画を頑張って
考えているところです。
このブログやHPのNewsで情報を発信していきますので、是非チェックして下さいね。

今日の記事はタイトル通り、、
久しぶりですが、某モデルハウスのインテリアデザインと小物のコーディネートのお仕事をさせて
頂きました。
1F親世帯モデルのコンセプトは、北欧スタイルをベースに質の良い素材と
少しビンテージ感を感じる小物を品よく配置、「大人の良質な暮らし」をイメージして
デザイン。
白色と木と石が優しい空気を発してくれ、とても気持ちのよい空間が出来ました。
室内を少しご紹介しますね。

左写真:キッチンへ向かって
右写真:パーティションに沿ってキッチン側へ歩き、ダイニング側へ

Entranceからリビングに入る大きなガラスの格子戸、その正面は大きなパーティションで緩やかに空間を分けています。

写真:リビングからダイニングに向かって。。

Livingは階段状にH400程掘り込まれたスペースになっています。
天井も高くて(H2900程)、気持ちのよい大空間でした。
ダイニングの壁にはお馴染みのハンドメイドタイルを採用。
やっぱり素材の力は凄い!このタイルでなければ得られない空気感で、
リビングからダイニングに伸びる大きな壁が伸びやさを演出しています。

写真:因に、、ダイニング脇に作ったワゴン

地味にこれが一番人気だったかもしれません。。
こういうアイテムは奥様達の心をくすぐるんですよね。

写真:リビングから見えるライブラリースペース。

大きなシートクッションがある心地よいベンチで、読書したり、昼寝をしたり出来ます。
こういう「ちょっとこもった空間」はすごく落ち着きますよね。
しかも、、ここからリビング・ダイニングを眺める景色が最高です。

写真:趣味の本棚
生活のスタイルが本棚は出るそうです。。

写真:リビング側より

ホール、ライブラリースペース、リビングと開放感はありながらそれぞれのスペースをゆるく区切る。。それぞれの場所で落ち着く事もでき、生活しやすそうな気がしました。

ここからはガラッと変わって、2Fの子世帯スペースです。

左写真:2Fリビングより、3Fの屋根裏Kidsスペースへ上がる大きな壁
右写真:2F子世帯のリビング

2Fからは小物のデコレーションだけお手伝いさせて頂きました。
少し大人っぽいイメージのカフェスタイルです。
勿論、壁はPorter's Paints 今回は住宅におススメのストーンペイント(コース)を採用。
2Fは1Fより更にヴィンテージ感を効かせたインテリアスタイルです。
家具に、負けない様に小物デコレーションをしてみました。

写真:2Fキッチン
存在感あるグリーンのタイルカウンターに囲まれたキッチンに、イマドキのお洒落な
生活雑貨やオーガニックな食材をふんだんに配置。
多くのお客様のライフスタイルに届くといいな、、と思います。

写真:子世帯のベッドルーム

程よく暗いお部屋で、すごく落ち着きます。ご覧頂いたお客様にも人気の空間だそうです。
私もこんなベッドルームで過ごしてみたい。。


写真:同じくベッドルーム脇にある、奥様の趣味スペース。。

ワイドなデスクでインテリア好きの奥様が自分のご自宅のインテリアについて色々と創造される
スペースを想定しています。
こんな場所があったらアイデアも沸々と湧いてきそうですね。
小物もメーカーのコーディネーターK様とタッグを組んで、一つ一つにストーリーのある
こだわり満載の素敵なものがたくさん入っています。
是非、じっくり見て頂きたい場所です。

写真:玄関正面

玄関の正面にはこのように大谷石の大きな壁があります。
瑞々しいドウダンツツジをのびやかに。。
やっぱり生きている植物は空間に生気を与えてくれますね。

写真:玄関脇の和室との間仕切り収納

写真:和室の前室の土間(玄関側からも出入り出来るプランになっています)

こちらの造作は私どもが納めたものではございませんが、玄関から収納越しに見える
和室がなかなか雰囲気があって素敵でした。
見えながら、それぞれの空間を間仕切っている。。
こちらの展示場はすべての空間が、このように仕切られながらゆるくつながっています。
この心地良さは是非この場所で多くのお客様に体感して頂きたいです。


たくさんのお客様にご来場頂けると嬉しいです。。


Staff B.



Interior comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://www.carafestaff.com/trackback/224
<< NEW | TOP | OLD>>